アミノ酸の効果:免疫力の向上効果

意外や意外?アミノ酸は免疫力の向上効果もあると言われています。
私たちは常に経口などからウィルスが侵入してくるリスクの中で生きています。
そのウィルスを除去するために体は自己防衛機能が役立ちます。これが免疫のことで、自律神経でコントロールされています。

 

免疫細胞はアミノ酸から作られているので、免疫とアミノ酸は切っても離せない関係にあります。
ウィルスや細菌が体内に侵入してきた場合は血液中のアミノ酸によって免疫細胞が活性化し、免疫が作られます。

 

もしもアミノ酸が不足していたら、その一連の流れが行われなくなるので免疫力もて以下します。
また、加齢とともに免疫力が低下すると言われますが、アミノ酸が減少していくことも一要因です。

 

なるべく早いうちから適量のアミノ酸を補給しておくことで、今後の免疫力低下を防ぐことにもつながります。

 

免疫力の向上を目的でアミノ酸を補給される場合は、「バリン、イソロイシン、ロイシン、アルギニン、グルタミン」といったアミノ酸がおすすめです。
ロイシンやイソロイシン、バリンはまとめてBCAAと呼び、摂取すると免疫力を強化できます。

 

また、アルギニンはウィルスなど病原体を無毒化する細胞おマクロファージを活性化させたり、ウィルスなどに直接攻撃を与える働きもあります。
そして、グルタミンは免疫細胞の発育増殖を促す働きがありますので、体内に蓄えておくことで体調不良などを防ぐことができます。
ちなみにアルギニンの摂取目安は2〜4グラムでグルタミンは0.6〜1グラムとされています。