アミノ酸とビタミンの組み合わせ

アミノ酸は単体でも体に良い影響を与える栄養素ですが、他の成分との組み合わせ次第で相乗効果に期待できます。
バランスよく栄養を摂ることが前提ですが、おすすめはビタミン類です。

 

ビタミンといっても、さまざまな種類がありますよね。
種類によって相乗効果にも違いが出てきます。

 

たとえば、ビタミンB群(1,2,6)でしたら、体内でアミノ酸が細胞を作り出したり酵素やホルモンの材料としての働きをサポートしてくれます。
さらにタンパク質がエネルギーに変わるときにも助けてくれるビタミン類です。

 

ビタミンCにはコラーゲン生成を助ける作用があるため骨を丈夫にしたり、アミノ酸と摂ると免疫力の向上効果がさらにアップ。
ビタミンEには末梢血管の血液循環を良くする働きがあり、血液にのってアミノ酸が全体に運ばれるようにサポートしてくれます。

 

ビタミンもそうですが、アミノ酸も食事から摂れる栄養素とはいえ、食品が限られていて効果が期待できる量を摂るとなると、少々難しいのでサプリメントがすすめられます。

 

とくにハードな運動をする習慣がある方や体脂肪が気になる方、肝機能の低下や胃腸の調子が気になる方、免疫力アップを目指している方、集中力を高めたい方、そして食生活が乱れがちな現代人にほどサプリメントがおすすめです。

 

アミノ酸は食事で摂ることも大切ですが、食べ物は消化されたのちにアミノ酸が吸収されるのでサプリメントの方がスピーディーに吸収されますし、カロリーも低めです。毎日ムリなく続けられるなど、さまざまなメリットがあります。

 

ちなみに誤ってアミノ酸を摂り過ぎてしまった場合は、余分なアミノ酸は体外に排出されるので、食事から摂取するアミノ酸量とサプリから摂取するアミノ酸量の計算に関して神経質に行う必要はありません。